この道の先にある未来へ

一般総合職インタビュー

ファースト運輸株式会社 RECRUTING SITE

一般総合職インタビュー

職種を越えたチーム創りを目指しています

一般総合職
Q.ファースト運輸に入社した経緯は?

学校を卒業してすぐにファースト運輸に入社しました。 同業界の他社と比べて待遇が格段によかったのが入社の決め手です。 入社から今年で23年前になります。

Q.職場の雰囲気は?
現場はかなり緊張感があるので、事務所ではできる限りそれを緩和しようとスタッフ一同で働きかけています。 事務職のスタッフも手が空いていれば、ドライバーが行う荷おろしを積極的に手伝うようにしています。ドライバーはドライバーの仕事だけに固執せず、また事務職は自分の業務範囲内だけで視野が狭くならないように、職種を越えたチーム創りを目指しています。 役職・職種は違えどお互いの仕事を尊重しているので、総じて、和やかでよい雰囲気だと思います。
Q.現在携わっている仕事は?

現在は配車の責任者をしています。 主な業務としては、定期便の車両の割り振りや、突然のトラブル対応、また急な発注が入った際の車両や人員の調整などです。 トラブルやイレギュラーな配車が発生してもいかに運行に穴をあけずに、業務を遂行するかが腕の見せ所です。

Q.ファースト運輸が他社と異なるところは?
社内体制が整備されていることがあげられると思います。 私は現在責任者として業務にあたっていますが、繁忙期は仕事量が多いため、どうしても1人では円滑に進めることができなくなります。その際は、サポートとして上司と仕事を分担し、業務にあたっています。 このような分散体制のおかげで、健全な労働環境が遵守されるとともに、比較的少ないストレスで任務を行うことができます。 情報共有をしっかり行い、風通しのよい社風だからこそ、しっかりとしたサポート体制が構築できるのだと思います。
Qこれからの展望をおしえてください!
実際に運送の現場に立ち会うことは少ないですが、常に自分も現場の緊張感を持って業務に望みたいと思っています。また、社内でもベテラン社員となったので、若手の育成や社内体制の改善など積極的に意見していければと思います。
この職種の募集要項へ

> インタビュートップへ