この道の先にある未来へ

一般総合職インタビュー

ファースト運輸株式会社 RECRUTING SITE

整備士インタビュー

納得のいくまで整備を重ね、最高の車両をドライバーへ

整備士
Q.日々の業務内容を教えてください

1日の運行を終えて帰ってきたトラックの不具合箇所を確認し、トラックの出発時間までに正常な状態へと整備します。 路上故障が発生した際には現場まで急行して整備対応を行います。 そのほか、グループ全社の車両管理も一元して行っており、関東だけでなく仙台や八戸営業所の車両も本社から管理しています。

Q.ファースト運輸の整備の特徴は?
整備工場とは壊れてしまったものを修理することが一般的ですが、弊社のように運送業の場合は車両に不具合を起こさないための事前修理・予備整備が主な業務となります。 あくまで自社のドライバーのために整備を行うのが一般的な整備士との違いであり、この仕事の特徴です。
Q.業務を遂行する上で特に大変な場面は?

路上故障が発生した時です。お客様の荷物を運んでいる途中、トラックが路上で動かなくなった時には1分でも早く急行して修理し、トラックを走らせなくてはなりません。 そのため、路上故障を発生させないため常に責任感と危機感を持って業務に励んでいます。

Q.やりがいを感じる瞬間は?
整備工場の場合、整備という仕事をすることが当たり前ですが弊社のような運送会社の場合は整備士が非常に重宝されます。また、整備した車両のドライバーからの反応もダイレクトに得られるのでやりがいを感じています。
Qこれからの展望をおしえてください!
一件でも多く車両の外注修理を減らして自社ですべてを整備できる体制作りを目指し、会社の経費削減に貢献していければと考えています。
この職種の募集要項へ

> インタビュートップへ